【8月3日まで!甘酒2杯プレゼント中】「飲む点滴」で暑い夏に真っ向勝負 


麹屋本舗 法野麹店 メールマガジン 2015年7月30日

あまざけキャンペーン

いつもご愛顧ありがとうございます。
麹屋本舗 法野麹店の法野智です。
夏も本番、富山では暑い日が続いております。
あなたの地域ではいかがですか?

このたび、初めてメルマガに挑戦しました。
お買い上げの際に「当店からのお知らせを受け取る」にチェックいただいたお客様にお送りしております。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
メルマガ初挑戦記念!

3,000円以上
お買い上げの方に
夏におすすめの飲む点滴
「麹ドリンクあま酒 2杯分プレゼント
プレゼント期間:本日〜8月3日のご注文

*-*-*-*

店内商品合わせて、3000円以上のお買い上げの方に、
当店のストレートタイプの甘酒(130g入り小袋 2袋)を
もれなくプレゼントさせていただきます。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



ということで 甘酒のウンチクです
いよいよ暑い夏本番、甲子園の高校野球も始まりますね。
ひんやりと冷やした甘酒は、口当たりよく夏にこそ飲んでいただきたい
栄養豊かな飲み物です。
甲子園に行ってかち割り氷と一緒に販売すればいけるかも (笑

*-*-*-*
江戸時代から、夏バテ防止に愛用された甘酒


江戸時代には、鰻とともに夏バテ防止の栄養価の高い飲み物とされ、
俳句の夏の季語にもなっています。
しかし、昔からうなぎは高級品。
庶民がなかなか口にできるものではなく、
その高級なウナギの代わりに庶民が
親しんでいたものこそ「甘酒」だったようです。

*-*-*-*
富山の水とお米を使い
アルコールなし、砂糖なしで仕上げました。

もちろん、こうじの甘酒には、砂糖もアルコールも入っていません
「自然の甘み」だけ。

お子様から大人の方まで、
どなたでも安心してお召し上がりいただけます。

当店の「麹ドリンクあま酒」は、富山の美味しい水・お米を使い、
麹の里とやまの匠達が英知を結集して作った
美味しく飲めて癒される元気の素。
夏の美肌・キレイも応援します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

夏のあなたを応援!
夏をすっきり乗り切っていただきたいという思いとともに、
心ばかりですが、あま酒を2杯、プレゼントさせていただきます。

メルマガ初挑戦記念!
3,000円以上お買い上げの方に
夏におすすめの飲む点滴
「麹ドリンクあま酒 2杯分プレゼント
プレゼント期間:本日〜8月3日のご注文

>商品一覧はこちらをクリック
>麹ドリンクあま酒の詳細はこちらをクリック 

法野麹店の甘酒の素

カテゴリー: ショップ新着情報

菌活 無理なく始めて続けよう

ご無沙汰しております
今年も福光のねつおくり七夕まつりの季節が
やってきましたね、法野麹店の出店が楽しみです

最近テレビを見ていると
「菌活(きんかつ)」が流行っているとの事。

これまで○活といえば
就職先を探す就活(しゅうかつ)、
結婚相手を求めて行動する婚活(こんかつ)、
今度は菌活、何のことだかわかりますか?

菌活は、
腸に良い善玉菌を増やす
乳酸菌や納豆菌などがたくさん含まれる発酵食品を摂り
腸がよく動くような運動をする活動のようです

これまで「塩糀」「甘酒」「乳酸菌」など
ピンポイントで注目が集まる事はあっても
それをひとまとめにした「菌活」という
大きな視点で発酵食の良さが広がっていくことは
良い事だなと思います
いっときだけでなく
続けていくことで発酵の良さを
お肌やお通じなど体の調子から感じられるからです

それでは菌活をやってみようかという方に
私のある日の朝食をご紹介します


菌活



納豆菌は納豆で、乳酸菌はヨーグルトで、
大豆を発酵させた乳酸菌たっぷりのお味噌汁も
併せていただきました(ごはんも食べています)
おなかの調子が良いですよ〜

腸内環境は毎日、またちょっとしたストレスでも
変化するそうです
毎日発酵食品を摂ることで
腸内環境の良い状態を保って
強い体を作りたいと思います

きょうのおやつは糀たっぷりの甘酒にしようかな〜
カテゴリー: ブログ

豆腐とトマトの塩こうじカプレーゼ

3児のママライターの増子です。

7月に突入しました。
冷たいメニューがすっきり美味しい季節です。

冷蔵庫には生協さんから届いたトマトと豆腐が1丁。
そうだ、あれをしよう!

ということで今晩のおかずにプラス1品。
「豆腐とトマトの塩麹カプレーゼ」です。

豆腐とトマトの塩麹カプレーゼ1

【材料】

・トマト 1個
・豆腐 1丁(絹でも木綿でもお好みで)
・大葉 2枚

あわせダレ…(1)
・塩こうじ 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1+小さじ1

お好みで
・あらびき黒こしょう


【作り方】

1.(1)のあわせダレ(塩こうじとオリーブオイル)を混ぜておきます。

2.豆腐を厚さ8mm、タテヨコ4cm位に切り、お皿に並べます。

3.スライスしたトマトを豆腐の上にのせます。

4.刻んだ大葉をトマトの上にのせます。

 (我が家は主人が大葉が苦手なので無難にほうれん草で代用してしまいました。
  本当は大葉がいいなぁ・・・)

5.これに、あわせダレをかけて出来上がり!
  お好みで黒こしょうをふりかけてくださいね。


豆腐とトマトの塩麹カプレーゼ2

  

最近、末の子も2歳をすぎて、料理中に泣かれることも少なくなり、
ちょっと品数を増やしたり、盛り付けにも時間をかけたり
できるようになってきました。

相変わらず時短のお手軽料理ではありますが、
そんな中にもプラスアルファの健康を意識していきたいと思います。

豆腐とトマトの塩麹カプレーゼ3


適度な塩気で、パクパクと食が進みます。

子供が野菜を食べてくれると、なんだかほっとしますね。


今回のレシピにも法野さんの塩こうじを使用しています。
まろやかで優しい塩こうじ。お世話になっています。
カテゴリー: 麹レシピ > 塩麹
1/1